英会話学校を効果的に使う方法

高い入学金・授業料を支払って英会話学校に通っている方を見ると、レッスンで先生からいろいろ質問されて、どう答えるのかをさんざん時間を使って悩んだ挙句、「Yes」「No」といった一言で返している方をたくさん見かけます。すごくもったいないと思います。高い授業料が泣いています。あなたは英会話学校に何をしに行っていますか?

英語が話せるようになるために学校に通っているんですよね。ということは、いっぱい話さないと、話せるようになるわけがないんです。

先生はあなたのことをいろいろ知りたくて質問しているわけではありません。あなたに英語をしゃべってほしいから質問しているんです。あなたがたくさん話せば話すほど、先生はあなたの英語について指摘することができます。あなたの英語のクセを見抜いて、英語を修正してくれます。そういう貴重な場なのに、「Yes」「No」で済ませていたら、何も指摘することがなくなってしまいます。

嘘でも作り話でもいいから、とにかく文章を頑張って作って、いっぱい話してください。

文章を英語で話そうとすると、すごく大変だと思います。キツイと思います。でも、その訓練をしにきているんです。その訓練をするから、英語が話せるようになるんです。あなたが話さないことには、何も始まらないのです。あなたが話さないと、先生がただひたすら話しているだけになります。それはすごくもったいないことです。

何を話していいかわからない人は、毎レッスンで話すことを準備してきましょう。

話すことを準備して、それを話してみましょう。あなたと先生の話している時間の割合が、今は1:9かもしれません。それを5:5、さらには7:3くらいまで引き上げることを目標に、どんどんアウトプットしてみてください。大事なのでもう一度言います。あなたは英会話学校に、英語を「話す」ために来ているんです。英語を「聞く」ためだけに来ているのではありません。そこをしっかり心に留めて、せっかくの授業料を無駄にしないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です